損保ジャパン

個人用火災総合保険『THE すまいの保険』 補償内容 2021年1月1日以降の保険始期日(補償が始まる日)のご契約が対象です。

火災をはじめとするさまざまな災害から日常生活の思いもよらないリスクまで、
大切な建物・家財を幅広くお守りする補償とサービスをご用意しています。

基本補償

損害保険金
火災はもちろん、盗難や身近な事故などさまざまなリスクを幅広く補償します。
費用保険金
損害保険金のほかにも、事故によって必要となるさまざまな費用をサポートします。
地震保険
火災保険だけでは補償されない地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損害を補償します。 ※火災保険に原則セットされます。

損害保険金

火災、落雷、破裂・爆発の補償

キッチンでのうっかりによる出火や隣家からのもらい火による火災の損害、
落雷、ガス漏れによる爆発などの損害を補償します!

補償内容

火災

自宅から出火し2階部分が焼失してしまった。
隣の家からの出火で、自宅に延焼してしまった。

落雷

雷が落ちて家屋や家電製品が壊れてしまった!

破裂・爆発

ガス漏れに気づかずコンロに点火、爆発してしまった!

特約でさらに安心をプラス!

類焼損害特約

自宅から出火した火事がお隣の住宅にまで延焼してしまった!

お住まいからの失火で近隣の住宅や家財に延焼してしまった場合に、法律上の損害賠償責任がなくても、近隣の住宅や家財を補償します。

地震危険等上乗せ特約

地震により、建物が全倒してしまった!

地震等を原因とする火災、損壊、埋没、流失の損害が生じた場合に、地震保険金額とあわせて、最大で火災保険金額の100%まで補償します。

地震火災特約

地震を原因とする火災で、建物が全焼してしまった!

地震等による火災で、建物が半焼以上、または家財が全焼した場合は、火災保険の地震火災費用保険金とあわせてさらに補償を充実させられます。

閉じる

火災

火事は意外なところから飛び火して被害が広がります!

火災の原因はさまざまです。自宅では火の始末に細心の注意をはらっていても、
放火されてしまう可能性もありますし、隣家から火が出て延焼してしまう可能性もあります。

建物が保険の対象の場合

失火、延焼、ボヤなどの火災により建物が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

家財が保険の対象の場合

失火、延焼、ボヤなどの火災により自宅内に置いてあった家財が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

こんなときでも補償されます

  • 揚げ物の油に火がついて燃え上がってしまい、キッチンが焦げて、壁を張り替えることになってしまった。*
  • 隣家が火災になり、自宅にも延焼し半焼、残った部分も消火活動によって水浸しで建て替えとなった。*
  1. *建物が保険の対象に含まれる場合にかぎります。

意外に知らない補償内容

自宅から出火した火事がお隣の住宅にまで延焼してしまった。

法律上の損害賠償責任はないが、今後のご近所付き合いを考え、自分の保険で補償したい。

※類焼損害特約をセットしている場合に補償されます。
※延焼してしまった隣家の火災保険では十分な復旧ができない場合に不足分をお支払いします。

お支払いする損害保険金の額

保険金額の2倍(復旧費用は保険金額)を限度)

※損害の額には、保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために必要な費用(復旧費用)のほか、復旧に付随して発生する費用を含みます。

損害の額から自己負担額を差し引いた額をお支払いします。

詳細を見るポップアップ

閉じる

落雷

身近で起こる可能性がある、落雷による事故

落雷は、実は⾝近に起こる事故なのです。屋根に穴が開いてしまった、急激な電圧の変化で電源が入っていた電化製品が壊れてしまったなどがよくある損害のケースです。

建物が保険の対象の場合

落雷により家屋が損傷した、または火災が発生したなどにより建物が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

家財が保険の対象の場合

落雷により、電化製品が壊れた、家具が燃えてしまったなどにより家財が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

こんなときでも補償されます

  • 雷が自宅の屋根に落ちて、瓦が吹き飛び、屋根に穴があいてしまった。*1
  • 庭に落ちた雷から飛び火して、建物が燃えてしまった。*1
  • 分配器に雷が落ち、自宅のテレビ2台、DVDレコーダー1台、電話機1台が壊れてしまった。*2
  1. *1建物が保険の対象に含まれる場合にかぎります。
  2. *2家財が保険の対象に含まれる場合にかぎります。

意外に知らない補償内容

落雷でテレビが壊れてしまった。

自宅のアンテナに雷が落ち、アンテナからの過電流により、テレビが故障。テレビを買い替えた。

  • 家財が保険の対象に含まれる場合にかぎります。

お支払いする損害保険⾦の額

(保険金額の2倍(復旧費用は保険金額)を限度)

※損害の額には、保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために必要な費用(復旧費用)のほか、復旧に付随して発生する費用を含みます。

損害の額から自己負担額を差し引いた額をお支払いします。

詳細を見るポップアップ

閉じる

破裂・爆発

うっかり…が大事故に!過失によるものが多い、破裂・爆発事故

事故件数のうち、半数は自分の過失によるもの。とくにガス漏れは多く見られます。

建物が保険の対象の場合

ガス漏れなどにより建物が破裂・爆発したことにより、家屋が損傷した、または火災になったなどにより建物が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

家財が保険の対象の場合

ガス漏れなどにより建物が破裂・爆発したことにより、電化製品が壊れた、家具が燃えてしまったなどにより家財が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

こんなときでも補償されます

  • ガス漏れ警報器が鳴ってあわててしまい、キッチンの電気をつけたら爆発してしまった。

お支払いする損害保険金の額

(保険金額の2倍(復旧費用は保険金額)を限度)

※損害の額には、保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために必要な費用(復旧費用)のほか、復旧に付随して発生する費用を含みます。

損害の額から自己負担額を差し引いた額をお支払いします。

詳細を見るポップアップ

閉じる

風災、雹災(ひょうさい)、雪災の補償

台風、暴風などの風災や雹災(ひょうさい)、豪雪や雪崩(なだれ)等の雪災による損害を補償します!

補償内容

風災、雹災(ひょうさい)、雪災

強風で飛んできたものが家を直撃!屋根に穴が開いてしまった!

閉じる

風災*1、雹災(ひょうさい)、雪災*2、3

強風、大粒の雹(ひょう)、突然の大雪…自然の猛威に備えましょう

強風、大粒の雹(ひょう)、突然の大雪などの自然の猛威により建物や家財が思わぬ損害を受けることがあります。

暴⾵で屋根⽡が⾶ばされた

雹(ひょう)で窓ガラスが割れた

台⾵で割れた窓ガラスから水が漏れ、家具がダメになった

豪雪や雪崩(なだれ)で家屋が倒壊した

建物が保険の対象の場合

風災、雹災(ひょうさい)、雪災により家屋が損傷したなどにより建物が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

家財が保険の対象の場合

風災、雹災(ひょうさい)、雪災により、家具が損傷したなどにより家財が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

  • *1風災:台風、旋風、⻯巻、暴風等をいい、洪水(こうずい)、⾼潮等を除きます。
  • *2雪災:豪雪の場合におけるその雪の重み、落下等による事故または雪崩(なだれ)をいい、融雪水の漏入もしくは凍結、融雪洪水(こうずい)または除雪作業による事故を除きます。
  • *3雪災*2の事故による損害が1回の積雪期において複数生じた場合であって、おのおの別の事故によって生じたことが普通保険約款の規定に基づく確認を行ってもなお明らかでないときは、これらの損害は、1回の事故により生じたものと推定します。
  • 風、雨、雪、雹(ひょう)、砂塵(さじん)、融雪水その他これらに類するものの吹き込みによって生じた損害については、建物または屋外設備・装置の外側の部分(建物については、外壁、屋根、開口部等をいいます。)が風災*1、雹災(ひょうさい)または雪災*2の事故によって破損し、その破損部分から建物または屋外設備・装置の内部に吹き込むことによって生じた損害にかぎります。

こんなときでも補償されます

  • 台風による強風で屋根瓦が破損してしまった。*
  • ⻯巻の影響で飛んできた三輪車が自宅の壁にぶつかり、壁に穴があいてしまった。*
  • 雹(ひょう)が降った影響で、ベランダの床板が破損してしまった。*
  • 雪崩(なだれ)にまきこまれて自宅が倒壊してしまった。*
  • *建物が保険の対象に含まれる場合にかぎります。

意外に知らない補償内容

雹(ひょう)が降ってきて、屋根瓦が割れてしまった。

突然の雹(ひょう)に、屋根瓦の⼀部が破損。屋根の葺き替えをしなければならなくなってしまった。

  • 建物が保険の対象に含まれる場合にかぎります。

お支払いする損害保険⾦の額

(保険金額の2倍(復旧費用は保険金額)を限度)

※損害の額には、保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために必要な費用(復旧費用)のほか、復旧に付随して発生する費用を含みます。

損害の額から自己負担額を差し引いた額をお支払いします。

詳細を見るポップアップ

閉じる

水災の補償

台風などによる洪水(こうずい)で床上浸水した際の建物や家具の損傷や土砂崩れによる家屋の倒壊など水災による損害を補償します!

補償内容

水災

洪水(こうずい)で床上浸水。建物が損傷し、半数以上の家財が使えなくなってしまった!

閉じる

水災

突然の大雨、近くに川や山は無いから大丈夫…と安心していませんか?

台風や暴風雨などにより発生する洪水(こうずい)、高潮、土砂崩れ。これらの被害は、水災補償をつけていないと補償されません。最近では、突然の水量増加に行き場を失った下水などが溢れる(あふれる)都市型の洪水(こうずい)も増えており、多くの方が水災の危険と隣りあわせに暮らしているといっても過言ではありません。

  • 津波による浸水等は補償されません。

建物が保険の対象の場合

台風や豪雨等によって洪水(こうずい)となり、家屋が流されたり(建物の協定再調達価額の30%以上の損害*)、居住部分が床上浸水したことにより建物が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

  • *保険金のお支払い方法が「新価・実損払」の場合

家財が保険の対象の場合

台風や豪雨等によって洪水(こうずい)となり、家財が流されたり(家財の再調達価額の30%以上の損害*)、保険の対象である家財を収容する建物の居住部分が床上浸水したことにより家財が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

  • *保険金のお支払い方法が「新価・実損払」の場合

こんなときでも補償されます

  • 台風で近くの川が氾濫し、床上浸水して、壁の張り替えが必要となった。*
  • 豪雨等で山が土砂崩れを起こし、家を押し流してしまった。*
  • *建物が保険の対象に含まれる場合にかぎります。
  • ベーシック(Ⅰ型)水災なし、ベーシック(Ⅱ型)水災なし、スリム(Ⅱ型)を選択された場合は補償されません。

お支払いする損害保険金の額

(保険金額の2倍(復旧費用は保険金額)を限度)

※損害の額には、保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために必要な費用(復旧費用)のほか、復旧に付随して発生する費用を含みます。

損害の額から自己負担額を差し引いた額をお支払いします。

詳細を見るポップアップ

閉じる

外部からの衝突、水濡れ(みずぬれ)、盗難、等の補償

建物・家財のリスクは自然災害だけではありません。
盗難や漏水による水濡れ(みずぬれ)、自動車の飛び込み等による損害も補償します!

補償内容

建物外部からの物体の落下・⾶来・衝突など

⾃動⾞が⾃宅に衝突、外壁を壊してしまった!

漏⽔などによる⽔濡れ(みずぬれ)

上階で⽔漏れが発⽣し、室内や家財が水浸しになってしまった!

騒擾(そうじょう)・集団行動などに伴う暴力行為

近隣で暴動があり、自宅の壁が壊されてしまった!

盗難による盗取・損傷・汚損

⾃宅に空き巣が⼊り、窓ガラスが破損。室内にあったものが盗まれてしまった!

特約でさらに安心をプラス!

事故再発防⽌等費⽤特約

盗難事故後の再発防⽌のための防犯カメラ設置費⽤等を補償

⽕災、落雷、破裂・爆発の事故または盗難の事故により損害保険⾦をお⽀払いする場合で、その事故の再発防⽌等のために⽀出した有益な費⽤に対して保険⾦をお⽀払いいたします。

閉じる

建物外部からの物体の落下・飛来・衝突など

自動車がビルに突っ込むニュース。もしも自分の家だったら・・・

自動車やトラックが運転を誤って敷地内に突っ込み、壁を壊してしまった。取材中のヘリコプターから物が落ちてきて屋根に衝突したなど、日常には家屋に損害を与える可能性のあるリスクがたくさんひそんでいます。

建物が保険の対象の場合

建物外部から物体が落下・飛来・衝突したことにより建物が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

家財が保険の対象の場合

建物外部から物体が落下・飛来・衝突したことにより家財が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

こんなときでも補償されます

  • 自動車が運転を誤って自宅の敷地内に突っ込み、壁を壊してしまった。*
  • 外から野球のボールが飛んできて、窓ガラスが割れた。*
  • *建物が保険の対象に含まれる場合にかぎります。
  • スリム(Ⅰ型)、スリム(Ⅱ型)では補償されません。

意外に知らない補償内容

自動車の車庫入れに失敗して、車庫を壊してしまった.

自分で自動車をぶつけて壊してしまった車庫の修理代、補償してもらえる?

お支払いする損害保険金の額

(保険金額の2倍(復旧費用は保険金額)を限度)

※損害の額には、保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために必要な費用(復旧費用)のほか、復旧に付随して発生する費用を含みます。

損害の額から自己負担額を差し引いた額をお支払いします。

詳細を見るポップアップ

閉じる

漏水などによる水濡れ(みずぬれ)

水に濡れ(ぬれ)たら使えなくなってしまうものが、室内にはたくさんあります!

給排水管の事故で室内が水浸しになってしまったら、電化製品はもちろん、家具も買い替えが必要なものがたくさんあります。
また、床板や壁紙の張り替えが必要になる可能性もあります。

  • 給排水設備自体に生じた損害は補償されません。

建物が保険の対象の場合

給排水設備の事故などで漏水したことにより建物が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

家財が保険の対象の場合

給排水設備の事故などで漏水したことにより家財が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

こんなときでも補償されます

  • 給水管が破裂して室内が水浸しになり、家財が損傷してしまった。*
  • *家財が保険の対象に含まれる場合にかぎります。
  • スリム(Ⅰ型)、スリム(Ⅱ型)では補償されません。
  • 給排水設備⾃体に生じた損害は補償されません。

お支払いする損害保険金の額

(保険金額の2倍(復旧費用は保険金額)を限度)

※損害の額には、保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために必要な費用(復旧費用)のほか、復旧に付随して発生する費用を含みます。

損害の額から自己負担額を差し引いた額をお支払いします。

詳細を見るポップアップ

閉じる

騒擾(そうじょう)・集団行動などに伴う暴力行為

集団による破壊行為は対岸の火事ではありません

人が集まったときに生まれるパワーはとても大きなものです。万が⼀、ご自宅近くで集団による暴力行為が発生したら、お住まいが破壊されてしまうことは容易に想像できます。

建物が保険の対象の場合

労働争議等に伴う暴力行為があり建物が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

家財が保険の対象の場合

労働争議等に伴う暴力行為があり家財が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

こんなときでも補償されます

  • 自宅前で破壊行為が発生し、自宅の塀や壁が破壊されてしまった。*
  • *建物が保険の対象に含まれる場合にかぎります。
  • スリム(Ⅰ型)、スリム(Ⅱ型)では補償されません。

お支払いする損害保険金の額

(保険金額の2倍(復旧費用は保険金額)を限度)

※損害の額には、保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために必要な費用(復旧費用)のほか、復旧に付随して発生する費用を含みます。

損害の額から自己負担額を差し引いた額をお支払いします。

詳細を見るポップアップ

閉じる

盗難による盗取・損傷・汚損

多くの空き巣がガラスを破って侵入しています!

空き巣被害では、ものを盗まれるだけでなく、ガラスが割られてしまう、ドア錠が壊されてしまうなどの被害も発生します。

建物が保険の対象の場合

空き巣などに入られたことにより建物が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

家財が保険の対象の場合

空き巣などに入られたことにより家財が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

こんなときでも補償されます

  • 空き巣が室内に侵入し、ドアを壊されてしまった。*1
  • 空き巣に室内の家財を盗まれてしまった。*2
  • *1建物が保険の対象に含まれる場合にかぎります。
  • *2家財が保険の対象に含まれる場合にかぎります。
  • スリム(Ⅰ型)、スリム(Ⅱ型)では補償されません。

意外に知らない補償内容

空き巣に壊された窓の修理費用、補償してもらえる?

建物を保険の対象とするベーシック(I型)・ベーシック(I型)水災なし・ベーシック(II型)・ベーシック(II型)水災なしのプランにご加入の場合に補償されます!

お支払いする損害保険金の額

(保険金額の2倍(復旧費用は保険金額)を限度)

※損害の額には、保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために必要な費用(復旧費用)のほか、復旧に付随して発生する費用を含みます。

損害の額から自己負担額を差し引いた額をお支払いします。

詳細を見るポップアップ

閉じる

破損・汚損の補償

日々の暮らしのなかで起こりがちな建物・家財の思わぬ破損・汚損など
不測かつ突発的に生じた損害を補償します!

補償内容

不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)

ドアにものをぶつけてドアを壊してしまった!模様替え中に家具を倒して壊してしまった!

特約でさらに安心をプラス!

携⾏品損害特約

通勤途中に駅の壁にバッグをぶつけて破損してしまった。

被保険者の居住⽤に供される建物(物置、⾞庫その他の付属建物を含みます。)外において、被保険者(補償を受けられる⽅)が携⾏している被保険者所有の⾝の回り品について、不測かつ突発的な事故により損害が⽣じた場合に補償します。

閉じる

不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)

日々の暮らしのなかで起こりがちな「うっかり」を補償します!

「子どもが室内で遊んでいるときに、うっかりものを壊してしまった」「掃除中、掃除機をドアにぶつけて破損した」「家具の配置替えをしていて棚を倒してしまい、棚とテーブルが破損した」など、日常生活でのトラブルは絶えません。

建物が保険の対象の場合

うっかり起こしてしまった偶然な事故により建物が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

家財が保険の対象の場合

うっかり起こしてしまった偶然な事故により家財が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

  • すり傷などの外観上の損傷または汚損であって、その機能に支障をきたさない損害は補償の対象となりません。

こんなときでも補償されます

  • 掃除中に壁にものをぶつけて、壁を破損してしまった。*
  • 子どもが室内でボールを投げ、窓ガラスが破損してしまった。*
  • *建物が保険の対象に含まれる場合にかぎります。
  • ベーシック(Ⅰ型)、ベーシック(Ⅰ型)水災なしにご加入の場合のみ補償します。

意外に知らない補償内容

子どもがテレビに物を投げつけて壊してしまった。

テレビの修理費用、補償してもらえる?

お支払いする損害保険金の額

(保険金額の2倍(復旧費用は保険金額)を限度)

※損害の額には、保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために必要な費用(復旧費用)のほか、復旧に付随して発生する費用を含みます。

損害の額から自己負担額を差し引いた額をお支払いします。

詳細を見るポップアップ

閉じる

費用保険金全プラン共通で自動的にセット!

費用保険金など

全プラン共通で自動的にセット!
万が一の際、建物や家財の補償のほかにも必要となる
さまざまな費用をサポートします!

費⽤保険⾦など

『THE すまいの保険』では、「損害保険⾦」と「費⽤保険⾦」などを組みあわせてご提供しています。
損害保険⾦は、建物や家財の損害を補償するものです。しかし万が⼀の際には、建物や家財の損害のほかに、さまざまな費⽤が必要となります。その費⽤をサポートするのが、費⽤保険⾦です。

  • 地震による損害など、事故の内容によっては保険⾦をお⽀払いできない場合がありますのでご注意ください。

地震⽕災費⽤保険⾦

地震・噴⽕またはこれらによる津波(以下「地震等」といいます。)を原因とする⽕災で建物が半焼以上、または保険の対象である家財が全焼した場合は、保険⾦額の5%をお⽀払いします。

  • 地震等により保険の対象が滅失(建物が倒壊した場合等)した後に⽕災による損害が⽣じた場合を除きます。

凍結水道管修理費用保険金

専⽤⽔道管が凍結によって損壊を受け、これを修理する場合の費用で、実際にかかった費用(1回の事故につき、1敷地ごとに10万円限度)をお支払いします。

  • パッキングのみに⽣じた損壊やマンションなどの共⽤部分の専⽤⽔道管にかかわる修理費⽤は含みません。
  • 『THE すまいの保険』のご契約で、保険の対象に建物が含まれる場合のみ補償します。

臨時費⽤保険⾦

⽕災保険の損害保険⾦が⽀払われる場合に損害保険⾦にプラスしてお⽀払いします。
臨時費⽤保険⾦は、損害保険⾦との合計額が保険⾦額を超過する場合でもお⽀払いします。

補償の有無が選択できます。

  • 損害保険金×10% 100万円または保険金額×10%*のいずれか低い額が限度(1事故・1敷地内ごと)
  • 臨時費用保険金なし

* 「 保険金額×10%」は、損害保険金をお支払いする保険の対象ごとに算出します。

損害防⽌費⽤

⽕災、落雷、破裂または爆発による損害の発⽣または拡⼤の防⽌のために必要または有益な費⽤として⽀出した以下の費⽤について、実際にかかった費用をお支払いします。

  1. (1)消⽕活動のために費消した消⽕薬剤などの再取得費⽤
  2. (2)消⽕活動に使⽤したことにより損傷した物の修理費⽤または再取得費⽤
  3. (3)消⽕活動のために緊急に投⼊された⼈員または器材にかかわる費⽤

閉じる

地震保険原則セット

地震保険

火災保険のみでは補償されない地震・噴火またはこれらにより発生した津波による損害を補償します。
※ご希望により外すこともできます。

地震保険を詳しく見る

さらに補償を拡げる各種特約(オプション)

地震の補償を充実させたい

地震保険の保険金額は、最大で火災保険金額の50%です。地震等による損害が生じた場合の補償を充実させる特約をご用意しています。

地震危険等上乗せ特約

事故事例

地震により、建物が全壊してしまった。

地震等を原因とする火災、損壊、埋没、流失の損害が生じた場合に、地震保険金額とあわせて、最大で火災保険金額の100%まで補償します。

地震危険等上乗せ特約を詳しく見る

地震⽕災特約(地震⽕災30プラン・地震⽕災50プラン)

事故事例

地震を原因とする火災で、建物が全焼してしまった。

地震等を原因とする火災の損害が生じた場合に、地震保険金・地震火災費用保険金とあわせて、地震火災50プランでは最大で火災保険金額の100%、地震火災30プランでは最大で火災保険金額の80%まで補償します。

【ご注意】

2017年9⽉1⽇以降の保険始期⽇のご契約は、地震保険をセットしない場合でも、この特約をセットすることができます。ただし、地震による倒壊や津波による流失等の損害は補償されませんのでご注意ください。

地震⽕災特約を詳しく⾒る

閉じる

住まいの補償をさらに充実させたい

基本補償では補償されない地震等を原因とした火災での損害や、
外出時に持ち出した家財の損害などを補償します!

建物電気的・機械的事故特約(⾃⼰負担額は不測かつ突発的な事故の⾃⼰負担額に同じ)

事故事例

エアコンの室外機の電気部品が発火したことにより、エアコンのファンが焼損し、室外機が使用不能となった。

保険の対象である建物に付加された空調設備、電気設備、給排⽔・衛⽣設備、消⽕設備、昇降設備、厨房設備、駐⾞機械設備などについて、電気的・機械的事故(ショート、アーク、スパーク、過電流、機械の内的要因による焼付けなど)により損害が⽣じた場合に補償します。

  • 保険の対象に建物が含まれる場合にかぎります。
【ご注意】
  1. 補償の対象外となる機械設備等もありますので、詳細につきましては、取扱代理店または損保ジャパンまでお問い合わせください。
  2. 自然の消耗、劣化等による損害に対しては保険金をお支払いできません。
  3. この特約の対象の納入者が被保険者(補償を受けられる方)に対し法律上または契約上の責任(保証書、延長保証制度に基づく製造者または販売者の責任を含みます。)を負うべき損害に対しては保険金をお支払いできません。

携⾏品損害特約(⾃⼰負担額1万円)

事故事例

通勤途中に駅の壁にバッグをぶつけて破損してしまった。

被保険者の居住⽤に供される建物(物置、⾞庫その他の付属建物を含みます。)外において、被保険者(補償を受けられる⽅)が携⾏している被保険者所有の⾝の回り品について、不測かつ突発的な事故により損害が⽣じた場合に補償します。

  • 保険の対象に家財が含まれる場合にかぎります。
【ご注意】
  1. 国内外の事故にかかわらず補償します。
  2. 補償の対象外となる⾝の回り品がありますので、詳細につきましては、取扱代理店または損保ジャパンまでお問い合わせください。
  3. 保険の対象が⽣活⽤の通貨等、預貯⾦証書、印紙、切⼿または乗⾞券等の場合は、損害の額の上限を5万円とします。
  4. ⽕災保険の他、傷害保険などで、この補償と同種の特約を補償するご契約がある場合、補償の重複が⽣じる可能性がありますので、他のご契約の補償内容・保険⾦額を⼗分にご確認ください。

閉じる

事故の際の思わぬ費⽤に備えたい

⾃宅から出⽕した⽕事がお隣の住宅にまで延焼してしまった場合や、
事故による再発防⽌等の費⽤も補償します!

事故再発防⽌等費⽤特約

事故事例

盗難の事故により損害保険⾦が⽀払われたため、再発防⽌のためにホームセキュリティサービスを利⽤した。

⽕災、落雷、破裂・爆発の事故または盗難*1の事故により損害保険⾦*2をお⽀払いする場合で、その事故の再発防⽌等のために⽀出した有益な費⽤に対して保険⾦をお⽀払いいたします。なお、事故再発防⽌策については、損保ジャパンが提供する事故再発防⽌メニューをご利⽤いただけます。ご利⽤の際は、メニューの⼿配から費⽤のお⽀払いまで、専⽤デスクが⾏います。

  • *1 通貨等、預貯金証書等のみの盗難は含みません。
  • *2 火災、落雷、破裂・爆発または盗難の事故による営業用什(じゅう)器・備品等損害特約および商品・製品等損害特約の保険金を含みます。

事故再発防止等のための有益な費用

事故 費用名
火災、落雷、破裂・爆発の事故
  • [1] IHクッキングヒーターまたは火災防止機能付ガスコンロの設置費用
  • [2] ガス台自動消火器の設置費用
  • [3] 据付型手動消火器の設置費用
  • [4]家庭用スプリンクラーの設置費用
  • [5]ガス漏れ検知器の設置費用
  • [6]漏電遮断器の設置費用
  • [7]避雷器の購入費用
盗難の事故
  • [1]ホームセキュリティサービスの実施費用
  • [2]防犯カギ、 防犯ガラス・フィルムの設置費用
  • [3]防犯フェンス、防犯シャッターの設置費用
  • [4]盗難防止コンサルティングサービスの利用費用
  • [5]防犯カメラ・センサー装置の設置費用または防犯用砂利等の購入費用
火災、落雷、破裂・爆発の事故または盗難の事故
  • [1] 防犯・防火金庫の設置費用
  • [2]災害常備品の購入費用
  • [3]植栽の設置費用
  • [4]防犯・防火ガラスの設置費用
  • [5]見廻りサービスの利用費用

【ご注意】

  1. 損保ジャパンが提供する事故再発防止メニューをご利用いただく場合、お住まいの地域や、やむを得ない事情によっては、メニューの手配に日数を要する場合や、提供業者の手配ができない場合があります。
  2. 事故発生の日から180日以内に負担したものにかぎります。
  3. 1回の事故につき、20万円を限度とします。

類焼損害特約

事故事例

⾃宅建物から出⽕した⽕事が燃え広がり、お隣の住宅まで延焼してしまった。

お住まいからの失⽕で近隣の住宅や家財に延焼してしまった場合に、法律上の損害賠償責任がなくても、近隣の住宅や家財を補償します。

【ご注意】
  1. 煙損害または臭気付着損害を除きます。
  2. 損害に対して保険⾦を⽀払うべき他の保険契約がある場合は、その保険⾦の額を差し引いて算出します。
  3. お⽀払いする保険⾦の請求権者は、類焼損害を被った近隣の家屋などの所有者となります。事故の際には、ご契約者さまから被災した近隣の⽅へ、この保険契約の内容をお伝えいただくとともに、損保ジャパンへ類焼損害のご通知をいただくお⼿続きなどが必要です。

IoT住宅費⽤「売電収⼊・サイバーリスク」特約

  • 2018年8月1日以降保険始期契約にセットできます。

売電収⼊補償

事故事例

建物に設置されたソーラーパネルが台⾵や積雪により破損してしまい、売電収⼊が減ってしまった。

太陽光発電システムが⽕災・⾵災・雪災などの損害保険⾦のお⽀払対象となる事故により損害を受けた結果、被った売電収⼊の損失を補償します。

  • 保険の対象に建物および家財が含まれる場合にかぎります。

サイバーリスク費⽤補償

事故事例
  • スマートハウスのネットワーク構成機器・設備(パソコン・家電製品など)がサイバー攻撃を受け使用不能となり、修理するために費用を負担した。
  • 対象の建物内で親族の通信機器がサイバー攻撃を受け個人情報が漏えいし、見舞品の購入費用・発送費用を負担した。

住宅内のネットワーク構成機器・設備(パソコン・家電製品など)がサイバー攻撃を受け、不正アクセス等や個⼈情報漏えい事故の発⽣に伴い費⽤を負担した場合に補償します。

  • 保険の対象に建物および家財が含まれる場合にかぎります。
【ご注意】
  1. 売電収⼊補償を選択せず、サイバーリスク費⽤補償のみを選択することができます。
  2. サイバーリスク費⽤補償の対象となるネットワーク構成機器・設備を所有していない場合は、 本特約をセットすることができません。
  3. サイバーリスク費⽤補償について、使⽤可能な最新版の基本ソフトまたはアプリケーションソフトがネットワークに使⽤されていないことに起因して⽣じた費⽤はお⽀払いできません。また、漏えいした個⼈情報を不正使⽤されたことに伴い⽣じた損害に対しては、保険⾦をお⽀払いできません。
  4. サイバーリスク費⽤補償について、事故の際には警察等に書⾯等で被害の届出または報告をしていただくことが必要です。
    保険⾦のお⽀払いには、被保険者が負担した費⽤が事故によって⽣じたものであることを、客観的資料により確認できることが必要です。

閉じる

賠償事故に備えたい

自分や家族が他⼈にケガを負わせてしまったり、
他⼈の物を壊してしまった場合のサポートをします!

個⼈賠償責任特約

事故事例
  • 買い物中に商品を壊してしまった。
  • 子供が自転車運転中に他人にケガをさせた。
  • 飼い犬が他人に噛みついてケガをさせた。
  • 自宅の塀が倒れ他人がケガをした。
  • 日本国内で友人から借りたカメラを、海外旅行先で落として壊してしまった。
  • 自転車を運転中に踏切内で立ち往生してしまい、電車を止めてしまった。

日常生活において、お客さまご自身またはご家族の方が、偶然な事故により法律上の損害賠償責任を負担することにより被った損害を補償します。

【ご注意】
  1. 国内外の事故にかかわらず補償します。
  2. ⽕災保険の他、⾃動⾞保険や傷害保険などで、この補償と同種の賠償責任を補償するご契約がある場合、補償の重複が⽣じる可能性がありますので、他のご契約の補償内容・保険⾦額を⼗分にご確認ください。

⽰談交渉サービスについて

  • 国内の事故にかぎり、損害賠償に関する⽰談交渉サービスを⾏います。
  • ⽰談交渉サービスのご利⽤にあたっては、この特約の被保険者(個⼈賠償責任の補償を受けられる⽅)および被害者の⽅の同意が必要となります。
  • この特約の補償の対象となる事故にかぎります。
  • 賠償責任額が明らかにこの特約の保険⾦額を超える場合は対応できません。

施設賠償責任特約

事故事例

賃貸⽤マンションの建物の壁が崩落し、駐⾞中の⾞を傷つけてしまい、法律上の損害賠償責任を負ってしまった。

保険証券記載の建物の⽋陥や、この建物における保険証券記載の業務遂⾏に起因する偶然な事故により、他⼈にケガを負わせたり他⼈の物を壊したりした結果、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。

【ご注意】
  1. 対象業種は、⼩売店、料理飲⾷店、事務所、マンション賃貸・管理業(⼾建を賃貸する場合も含みます)にかぎります。
  2. 損害賠償に関する⽰談交渉サービスは⾏いません。

閉じる

⼤家さん・事業者向け

賃貸住宅での死亡事故により清掃費用が発生した場合や家賃収入が停止してしまった場合や、業務用の什器(じゅうき)・備品に損害が生じた場合に補償します!

家賃収⼊特約

事故事例

他⼈に貸している建物が⽕災による損害を受け、家賃収⼊が6か⽉停⽌してしまった。

他⼈に貸している住宅が⽕災などにより損害を受けた結果、被った家賃収⼊の損失を補償します。

  • 保険の対象に建物が含まれる場合にかぎります。

事故対応等家主費⽤特約

家賃収⼊補償

事故事例

賃貸住宅(借⽤⼾室)で死亡事故が発⾒され、その⼾室の新たな⼊居者が⾒つからず、家賃収⼊が5か⽉間停⽌してしまった。

賃貸住宅(借⽤⼾室)内での死亡事故に伴う家賃の損失を補償します。ただし、死亡事故発⾒⽇からその⽇を含めて90⽇以内に死亡事故発⽣住宅(⼾室)の賃貸借契約が終了した場合にかぎります。

死亡事故対応費⽤補償

事故事例

死亡事故が発見された賃貸住宅(借用戸室)を賃借可能な状態に戻すための清掃・消毒・リフォーム費⽤や⽕葬費⽤を負担した。

死亡事故が発見された賃貸住宅(借用戸室)を賃借可能な状態にするための費⽤、⽕葬や遺品整理等にかかる費⽤を補償します。ただし、死亡事故発⾒⽇からその⽇を含めて180⽇以内に⽣じた費⽤にかぎります。

  • 家賃収⼊特約をセットいただく必要があります。
  • 2018年8⽉1⽇以降保険始期契約にセットできます。

営業⽤什器(じゅうき)・備品等損害特約(⾃⼰負担額1万円)

事故事例

⽕災によって、事務所で使⽤している什器(じゅうき)・備品に損害が発⽣した。

保険証券記載の建物(物置、⾞庫その他の付属建物を含みます。)に収容されている、被保険者(補償を受けられる⽅)が所有する業務⽤の什器(じゅうき)・備品等の動産について、偶然な事故により損害が⽣じた場合に補償します。

  • 「保険の対象となる建物」または「保険の対象である家財⼀式を収容する建物」の⽤途が併⽤住宅である場合にかぎります。
【ご注意】

補償の対象外となる什器(じゅうき)・備品等がありますので、詳細につきましては、取扱代理店または損保ジャパンまでお問い合わせください。

閉じる

地震危険等上乗せ特約

地震危険等上乗せ特約について

「地震危険等上乗せ特約」をセットすることで、地震等による火災、損壊、埋没、流失の損害が生じ、地震保険金が支払われる場合、地震保険と同額をお支払いします。
最大で火災保険金額の100%まで補償します。

お支払いする保険金

地震保険金と同額。
ただし、地震保険金の額とこの特約の保険金の額の合計額が保険の対象の再調達価額を超える場合は、保険の対象*の再調達価額から地震保険金の額を差し引いた額とします。
* 貴金属等は含みません。

地震保険について詳しく見る

  1. (注1)すべての保険の対象に地震保険を限度額までセットしていることが必要です。
  2. (注2)保険期間が1年で、臨時費用保険金がセットされている場合にセットできます。
  3. (注3)ベーシック(Ⅰ型)を選択された場合にセットできます。
  4. (注4)地震火災特約(地震火災30プラン・地震火災50プラン)など、同時セットできない特約があります。

閉じる

地震火災特約(地震火災30プラン・地震火災50プラン)

地震火災特約について

「地震保険特約」(地震火災30プラン、地震火災50プラン)をセットすることで、地震等を原因とする火災の損害が生じた場合に、地震保険金・地震火災費用保険金とあわせて、地震火災50プランでは最大で火災保険金額の100%、地震火災30プランでは最大で火災保険金額の80%まで補償します。

  • (注)地震保険をセットしない場合でも、この特約をセットすることができます。ただし、地震による倒壊や津波による流失等の損害は補償されませんので、ご注意ください。

お支払いする保険金

地震火災50プラン
保険金額*×45%(地震火災費用保険金と合算で、火災保険金額×50%をお支払いします。)

地震火災30プラン
保険金額*×25%(地震火災費用保険金と合算で、火災保険金額×30%をお支払いします。)

* 保険金額が再調達価額を超えるときは、算式の保険金額は再調達価額とします。保険の対象が家財である場合において、家財の再調達価額には貴金属等は含みません。

地震保険について詳しく見る

  1. (注1)地震等により保険の対象が滅失(建物が倒壊した場合等)した後に火災による損害が生じた場合は、地震火災特約のお支払いの対象外となります。
  2. (注2)保険金のお支払い方法が「新価・実損払」の場合のみお選びいただけます。
  3. (注3)保険期間が整数年の契約にセットできます。
  4. (注4)ベーシック(Ⅰ型)、ベーシック(Ⅰ型)水災なし、ベーシック(Ⅱ型)、ベーシック(Ⅱ型)水災なしを選択された場合、この特約をセットできます。

閉じる

個人用火災総合保険『THE すまいの保険』を詳しく知る

家財の補償

火災保険がお守りするのは建物だけではありません。
家具・家電の買い替え費用は、思っている以上に高額です。『THE すまいの保険』では、ご自宅内にある「家財」を保険の対象とすることで、家財が受けた損害も補償します。

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパンまでお問い合わせください。