印刷用

検索フォーム

ごく簡単な質問にお答えいただくだけで、運転特性や危険予測能力を診断いたします。

*
ご使用のブラウザによっては、ご利用になれない場合もあります。

「はい」「いいえ」でお答えいただくことで、「運転特性」を診断します。交通事故に関する多くの研究や調査によれば、交通事故のほとんど(80%から90%)がドライバー自身の行動に原因があるといわれています。それも「ちょっとしたミス」「スピードの出しすぎ」「無謀運転」など、ドライバーの性格や心理状態によって事故となる場合が多いのです。
スピードを出したくなったり、とっさの判断を間違ったりすることがありませんか。普段は余り気にならなくても、ハンドルを握るとそれがハッキリ現れることがあります。このような自分自身の潜在的運転特性を知り、事故につながりやすい性格や心理状態を抑えることが、安全運転にとって大切です。

選択式の問題(3問)にお答えいただくことで、「危険予測能力」を診断いたします。安全な運転をするためには、交通法規を守るとともに、周囲の状況によく目を配り、何に注意すべきか、どのような走り方をすれば安全かを的確に判断することが大切です。
「危険予測能力」とは、周囲の状況から「起こるかもしれない危険」を予測する能力であり、訓練により高めることができます。

ごく簡単な質問にお答えいただくだけで、あなたのお車の盗難リスクを診断いたします。