私たちの決意表明

私たちひとりひとりが、お客さまのために全力を尽くします。

損保ジャパン日本興亜が、名実ともに国内No.1の保険会社となるためには、お客さまのことを一番に考える会社でなければいけません。私も常に“お客さま目線”で“お客さまの立場”に立ち、考え、行動することを日常業務の中で意識し、心がけています。

損保ジャパン 金融法人開発部 開発第一課 小林多恵子

企業風土の違う2社がひとつになることで、両社の良いところを取り入れ、より一層お客さまが安心できるサービスを提供できるようになると考えています。そのためには、事故対応を行う私たちひとりひとりがプロとしてサービス品質に責任を持ち、お客さまに向き合っていかなければならないと感じています。

日本興亜損保 本店保険金サービス部 本店自動車保険金サービス第二課 阿久津充洋

合併によって、国内最大の損害保険会社になるということは、相応の責任も伴います。「お客さま評価日本一/No.1」を成し遂げるために、我々社員は常に高いレベルを目指し続ける必要があります。もっとお客さまの目線に立つだけでなく、誰よりもお客さまに寄り添い、お客さまと向き合っていく、そんな会社にしていきたいと思います。

損保ジャパン 本店営業第四部 第一課 小津英昭

合併へ向けたチャレンジ進行中

お客さまの笑顔のために、ひとつになって働いています。

実は、すでに同じオフィスで働きはじめています。時には会議室で激論することも。

それぞれ歴史があって、企業文化や強みが違う2社がひとつになったら、きっと素晴らしい会社になるんだろうなとわくわくしています。お客さまに対して真摯に対応し、お客さまから信頼を得られるように日々努力していきたいと思います。

損保ジャパン 本店企業保険金サービス部 グローバル財産・新種グループ 下田美由紀

合併にあたって、会社だけでなく、社員が自ら新しいものを吸収するために変わらなくてはいけないと感じています。私自身は、損保ジャパンのチャレンジングな風土に魅力を感じています。両社のよいものをお互いにどんどん吸収して、「お客さま評価日本一/No.1」を実現したいです。

日本興亜損保 本店保険金サービス部 本店自動車保険金サービス第一課 間 拓也

損保ジャパン

お客さまから信頼される企業を目指して お客さまへ向けた取り組みが始まっています。

お客さまが、本当に”安心できる”自動車保険を!「ONE-Step」(ワンステップ)

日本興亜損保

お客さまから信頼される企業を目指して 事故対応力が評価されています。

お客さまにあわせて最適なカタチを選べる自動車保険「カーBOX」

2014年9月の損保ジャパン日本興亜誕生に向け損保ジャパンと日本興亜損保の一体となった挑戦にご期待ください。