1. ホーム
  2. 会社情報
  3. 社員の健康増進の取組み

社員の健康増進の取組み

SOMPOグループ各社では、「お客さまの安心・安全・健康に資する最高品質のサービスをご提供し、社会に貢献」することを実現するために、その原動力である社員と家族の心と体の「健康」が大切であるとの考えに基づき、社員の健康維持・増進を経営の重要なテーマと位置づけ、健康経営に取り組んでいます。
当社およびグループ各社の取組みについては、SOMPOホールディングスのホームページにも記載しています。


当社では、健康経営を通じて「活力ある職場」を目指し、心と身体の影響によるプレゼンティーイズムの改善と生産性、組織の健康を全体指標とし、取組みを推進しています。

損保ジャパンの「健康宣言」

~心と身体と組織の健康~

当社は、すべての社員が精神的にも肉体的にも、そして社会的にも満たされ、自らと周囲の人々の健康を重視し、病気や障がいの有無に関わらず、働き続けられる健康な組織の構築に取り組みます。

損保ジャパンの「健康経営」推進体制

損保ジャパンの「健康経営」推進体制

健康課題と主な効果検証指標

男女共に、「生活習慣病のリスク」保有率が上昇傾向にあり、特に血糖は健保連平均と比較し、 リスク値が高いという結果が認められました。

重点取組課題 設定KPI 目標値 2017年度 2018年度 2019年度
生活習慣病予防対策 1 定期健康診断受診率 100% 99.8 99.9 99.8
2 定期健康診断後精密検査受診率 100% 83.2 82.7 69.3
3 特定保健指導実施(終了)者 90% 74.6 70.3 67.8
4 適正体重維持者率(BMIが18.5~25未満) 80% 67.9 67.3 66.7
5 運動習慣者比率 30% 19.1 19.7 18.6
喫煙対策 6 喫煙率 12% 19.6 19.1 17.9
メンタルヘルス対策 7 ストレスチェック受検率 100% 91.0 85.5 91.7
8 総合健康リスク 100未満 102 101 103
プレゼンティーイズムの改善 9 パフォーマンス総合評価(WLQ-Jスコア) 95% 94.3 94.4 93.9

1,2,7,8,9 : 各項目対象者/全従業員
3,4,5,6:各項目対象者/40歳以上
3厚生労働省報告年:2019年(2018年11月~2019年10月までに指導を終了した人)
9 WLQ-J:Work Limitations Questionnaire
  健康問題による業務生産性低下率を測定する指標(100%が最も生産性が高い状態)

当社の健康増進施策(課題に対する取組み)

社員の血糖値改善に向けた取組み

2016年10月の健康宣言に基づき、お互いの「健康を大切にする風土の定着」を目指しています。 社員一人ひとりが健康のことを考え、人生100年時代をイキイキと生き抜くためのヘルスリテラシー向上に繋がる様々な取組みを行っています。生活習慣病の発症を予防するために、将来を見据え若年層の段階から良い生活習慣を身に付けることや病気の予防だけにとどまらず、生産性の向上という観点からも血糖値の改善・コントロールを目標に2019年度は「目指せ!優糖生」の健康施策を展開しました。

社内レシピコンテストの開催(血糖改善部門・朝食時短部門)


「目指せ!優糖生」の社内ニュースを定期発信(年22回)
その内容をPOPにし、社内食堂に設置


【参考】パフォーマンスの良い群とそうでない群の生活習慣の比較

参考情報

健康診断時の生活習慣の問診とパフォーマンス総合評価の分析により、パフォーマンスの良い群(WLQ-Jスコア98%以上)の方が、そうでない群(WLQ-Jスコア90%未満)よりも良い生活習慣であったという結果が得られました。

外部からの評価

健康経営優良法人2020(ホワイト500)に認定

経済産業省および日本健康会議の運営する健康経営優良法人認定制度において、「健康経営優良法人2020大規模法人部門(ホワイト500)」に4年連続で認定されています。

健康経営優良法人

健康優良企業認定制度で健康優良企業「銀の認定証」を受領

健康保険組合連合会・東京都等が参加する「健康企業宣言東京推進協議会」より健康優良企業「銀の認定証」を受領しました。

健康優良企業