3.再発防止策

このページは旧損保ジャパンの情報を掲載しています。

疾病補償商品としての特性に応じた対応を強化し、第三分野商品における再発防止等の実行に鋭意取り組んでいます。

  • (1)「保険金等審査会」における不払事案の事前・事後の検証
  • (2)「トレーニングセンター室」における保険金支払部門職員の人材育成、能力の維持・向上
  • (3)「お客さま相談室」における、お客さまからの苦情などへの適切・迅速な対応、分析、類似事案の再発防止に向けた改善・対応策の策定など

なお、今般の検証結果を受けて、追加して実施する主な具体的取り組みは以下のとおりです。

  • <1>第三分野商品に係る社内マニュアルなどを改定のうえ、始期前発病等の詳細な取扱を明確化するとともに、保険金支払部門や営業部門の職員に周知徹底しました。
  • <2>2006年12月を目途に、適時・適切なお客様対応と公平で適切な保険金支払業務を遂行するために、医療保険に係る事故対応体制の集中化を図り、専門の人材を配置した「医療保険集中センター(仮称)」を設立することとしました。
  • <3>その他
    • (1)第三分野商品の不払事案について全件モニタリングを実施し、適切な対応を行う経営管理態勢の強化を図ります。
    • (2)契約・告知時の説明や取り付けに関して、適切な募集手続の実行のための募集人指導・管理を徹底するとともに、募集文書の検証、苦情などをふまえた商品内容と販売上の問題点を検証し、再発防止のために必要な措置を講じます。
    • (3)今回の第三分野商品に係る不適切事案をふまえ、査定判断の適切性、妥当性のチェックや、営業部門との連携のサポート機能を備えた、医療保険専用のシステムを新設します。