『介護補償保険(含積立)・介護費用保険(含積立)』にご加入のお客さまへ

介護保険法改正に伴う「介護医療院」の追加

介護保険法の改正(施行日:平成30年(2018年)4月1日)により、介護保険法に規定される介護保険施設の一つとして新設された「介護医療院*」を介護補償保険(含積立)・介護費用保険(含積立)の対象に含めることとし、同施設に入所している場合は、介護施設として取扱います。

(本内容は改正介護保険法の施行日である平成30年(2018年)4月1日以降の入院(入所)から適用します)

  • *「介護医療院」とは、「日常的な医学管理が必要な重介護者の受入れ」や「看取り・ターミナル」等の機能と「生活施設」としての機能の両方をもった施設をいいます。

<対象となる保険種類>

会社名 対象保険種類
旧損保ジャパン 介護補償保険
旧安田火災 介護費用保険(含積立)
介護補償保険(含積立)
旧日本興亜損保
/旧日本火災
/旧興亜火災
/旧日産火災
/旧大成火災
介護費用保険(含積立)

≪介護補償保険(含積立)、介護費用保険(含積立)の概要≫

被保険者の要介護状態が所定の日数を超えて継続した場合、介護補償保険(含積立)では、支払対象期間中の各月について被保険者が介護を受けている状態に応じて契約時に定めた保険金をお支払いします。
介護費用保険(含積立)では、被保険者が介護を受けている状態に応じた支払割合で保険金をお支払いします。

本内容に関してご不明な点などございましたら、取扱代理店または損保ジャパンまでお問い合わせください。