補償内容

建物外部からの物体の落下・飛来・衝突など

自動車がビルに突っ込むニュース。もしも自分の家だったら・・・

自動車やトラックが運転を誤って敷地内に突っ込み、壁を壊してしまった。取材中のヘリコプターから物が落ちてきて屋根に衝突したなど、日常には家屋に損害を与える可能性のあるリスクがたくさんひそんでいます。

建物が保険の対象の場合

建物外部から物体が落下・飛来・衝突したことにより建物が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

家財が保険の対象の場合

建物外部から物体が落下・飛来・衝突したことにより家財が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

こんなときでも補償されます

  • 自動車が運転を誤って自宅の敷地内に突っ込み、壁を壊してしまった。*
  • 外から野球のボールが飛んできて、窓ガラスが割れた。*
  • *建物が保険の対象に含まれる場合にかぎります。
  • スリム(Ⅰ型)、スリム(Ⅱ型)では補償されません。

意外に知らない補償内容

自動車の車庫入れに失敗して、車庫を壊してしまった.

自分で自動車をぶつけて壊してしまった車庫の修理代、補償してもらえる?

お支払いする損害保険金の額

保険金額の2倍(復旧費用は保険金額)を限度)

* 損害の額には、保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために必要な費用(復旧費用)のほか、復旧に付随して発生する費用を含みます。

損害の額から自己負担額を差し引いた額をお支払いします。

詳細を見るポップアップ

よくあるご質問

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパンまでお問い合わせください。