海外旅行保険に加入するメリットとは?クレジットカード付帯保険との違い

Point
  • 海外旅行保険とは海外旅行の間に起きたさまざまな危険、損害を補償
  • 海外の医療費は高額になりやすいので医療保険だけではカバーできない場合もある
  • 海外旅行保険は高額な医療費に対応
  • クレジットカード付帯の海外旅行保険に損害保険の海外旅行保険をプラスして加入する方法もおすすめ
  • 海外旅行保険に加入する際は加入する人数や現地の医療事情などによってプランを選ぶ
  • インターネット経由で申し込むとお得

海外旅行でパスポートや各種チケット、貴重品などとともに、忘れずに準備をしたいものが海外旅行保険です。しかし、「本当にわざわざ加入する必要があるの?」と思われている人もいるのではないでしょうか。

海外では予測ができない事態が起きることがあり、ケガや病気をして多額の医療費を要求されたり、物を壊して損害賠償を求められたりすることもあります。
そのようなときのために備えるのが海外旅行保険です。海外旅行保険でカバーされる内容や、医療保険やクレジットカード付帯の保険との違い、そして海外旅行保険のメリット・デメリットや選び方について見ていきます。

そもそも海外旅行保険とはどんな保険?

まず、海外旅行保険について、概要を紹介します。また、生命保険、医療保険との違いについても見ながら、海外旅行保険の必要性について解説します。

海外旅行保険で補償される内容

海外旅行保険への加入は日本の外務省の「海外安全ホームページ」でも推奨されています。また、渡航先の国によっては海外旅行保険への加入を義務とし、滞在中は海外旅行保険証券の携行を義務付けている場合もあります。

では、海外旅行保険とは、どのようなものでしょうか。

海外旅行保険とは海外旅行中に被る可能性のあるさまざまな危険、損害を補償する保険です。自宅を出発してから帰着するまでの「旅行行程中」が保険期間となります。

病気やケガの補償(治療費用、傷害死亡・後遺障害、疾病死亡、救援者費用など)、他人に対する補償(賠償責任)、持ち物に対する補償(携行品損害)、その他の補償(航空機の遅延に関する補償、旅行変更に関する補償など)がカバーされます。

一般的な生命保険や医療保険との違いは?

ところで、病気、ケガについては民間の「医療保険」に、死亡については「生命保険」に加入しているから大丈夫と考えている人も多いのではないでしょうか。確かに、医療保険ではケガや病気をした場所が海外であっても、診断書を提出することにより支払いを受けることは可能です。生命保険の死亡保険も、死亡した場所が海外であっても支払われます。

医療保険のほとんどは「入院日額1万円」といった支払方法のため、海外でかかった高額な治療費をまかなえないケースが多いです。

また、飛行機が遅延したときの補償や、現地の病院を紹介するサービスがあるなど、海外旅行に特化した補償やサービスが充実しているのも、医療保険や生命保険にはない海外旅行保険のメリットです。

海外旅行保険には入るべき?加入のメリットとデメリット

ここからは具体的に、海外旅行保険がどんなときに役に立つのか、加入するにはどのような手順が必要なのかも含め、海外旅行保険のメリットとデメリットについてお伝えします。

病気やケガに加え様々な旅行中のトラブルに対応

まずは、海外旅行保険のメリットから見ていきましょう。

高額の医療費に対応

やはり、海外旅⾏保険の⼀番のメリットは、海外での高額な医療費がカバーされるということです。
また、一時といえども高額な医療費を個人で支払うのは難しいものですが、損害保険会社が直接病院に支払ってくれるキャッシュレスサービスを用意しているプランもあります。

予期できない事態にも充実した補償

海外旅行中の盗難や事故、飛行機の遅延など、予期できない事態についてもカバーされます。また、病気やケガによる入院などで家族の救援が必要な際にも、その費用が補償されるので安心です。

トラブルの際に役立つサービスが豊富

日本語で「病院での通訳を手配してくれる」「病院を紹介してくれる」など、いざというときに困らないためのサービスが豊富に用意されています。

必要な補償だけ付けられるオーダーメイドプランもある

損害保険ジャパンの「新・海外旅行保険【off!(オフ)】」であればオーダーメイドプランがあるので、生命保険やクレジットカード付帯の海外旅行保険では足りない補償だけを付けることも可能です。

旅行のたびに加入が必要なため手間がかかる

次に海外旅行保険のデメリットも考えていきましょう。

申込みの手間がかかる

海外旅行保険は旅行に行く度に加入が必要になります。そのため、手間が掛かると感じる人もいるかもしれませんが、そういうときはインターネットで申し込むことをおすすめします。マイページに登録さえしておけば、次回からは最低限の入力だけで申込みができ、さほど手間を感じることはないでしょう。

加入できない場合がある

持病がある場合や、旅行先で参加するアクティビティによっては契約できない場合があります。特約を付けることでカバーされる場合もあるので、損害保険会社もしくは、取扱代理店に相談してみるといいでしょう。

クレジットカード付帯の海外旅行保険とはどう違う?

ところで、今は多くのクレジットカードに海外旅行保険が付帯されています。海外旅行に出かける際に、クレジットカード付帯の保険で十分なのか、その確認方法を説明します。

補償内容が足りないケースも。カードごとに確認が必須

クレジットカードに付帯している海外旅行保険を利用する前にチェックしておきたいポイントがあります。それは、「自動付帯」と「利用付帯」についてです。

自動付帯の場合にはクレジットカードの使用に関わらず、補償が受けられます。一方、利用付帯の場合には旅行代金の支払いにクレジットカードを使っていないと保険が適用されません。

いざというときに支払われる保険金額の上限についても確認してください。渡航先の医療事情や医療費の相場などを調べた上で、十分かどうかを調べておくことは大切です。
また、クレジットカードを複数枚持っていても、傷害死亡・後遺障害保険金については、保険金が合算されるわけではないので、その点も注意してください。

さらに、保険が適用される範囲についてもしっかりと確認しておく必要があります。家族特約がなくクレジットカードの名義人以外の家族のケガや病気が適用対象外である場合には、別途、海外旅行保険に加入する必要があります。

保険期間についても確認しておくと良いでしょう。クレジットカードに適用される保険期間は90日までなどと決められている場合が多くあります。長期の滞在を望む場合には、損害保険の海外旅行保険を利用する必要があります。

海外旅行保険と組み合わせれば安心

クレジットカード付帯の保険だけでは補償が足りない場合、損害保険会社の海外旅行保険を組み合わせて、より手厚いものにすることができます。

たとえば損害保険ジャパンの新・海外旅行保険【off!(オフ)】は、オーダーメイドプランもあり、自分にあった補償を選ぶことができます。クレジットカード付帯の保険では足りないなと思ったところだけを補うのにも便利です。

自分に合った海外旅行保険を選ぶ方法とは?

一口に海外旅行保険といっても、さまざまな商品があります。自分に最適な海外旅行保険を選ぶためのポイントを紹介します。

海外旅行保険の加入方法は3通り

海外旅行保険に加入するには以下の方法があります。

代理店の窓口で加入

窓口の担当者と相談しながら海外旅行保険を選ぶことができます。難しい加入条件や付けたほうがいい特約などについても分かりやすく説明を受けることができます。

インターネットで申込み

自宅にいながらでも申し込めるため、じっくりと考えながら自分のペースで手続きをすることができます。代理店の窓口と比べると人件費などがかからないため、保険料が抑えられていることが多くあります。

クレジットカード付帯保険に加入

別途保険料を払う必要がありません。しかし、上述したように適用条件があることや、補償内容が十分といえない場合もあるため、事前に内容についてきちんと確認しておくことが大切です。

補償内容を選ぶポイント

ここからは、海外旅行保険の補償内容を選ぶポイントについて紹介します。どのような点に注意するといいのでしょうか。

被保険者は誰か、人数は何名か

被保険者(旅行される方)が誰なのかを考える必要があります。被保険者により手厚くしたい補償の内容が異なってくるからです。
人によっては死亡に関する補償は少なめにし、治療費を多めにしたい場合もあります。また、救援者費用や損害賠償を手厚くしたいと考える人もいるでしょう。それらの希望に適した保険に加入することをおすすめします。
また、加入する人数についても考えましょう。家族旅行の場合には家族分をまとめて申し込むと、共有できる補償があるため、保険料がお得になります。

何日間旅行するのか

海外旅行保険は補償の期間を92日以下や3か月未満などと限定していることが多くあります。それ以上の長期滞在の場合には、長期滞在専用の保険を選ぶ必要があります。

渡航先の治安や医療事情はどうか

現地の治安や交通状況、衛生状況なども調べ、状況に応じて海外旅行保険を選ぶと良いでしょう。
また、現地の医療事情も知っておく必要があります。医療費が高額になりやすい地域に行くときには医療費の補償を手厚くしておきたいところです。

持っているクレジットカードの保険は十分か

クレジットカード付帯の保険に足りないものを、オーダーメイドプランのある海外旅行保険でカバーをすることを考えると安心がプラスされます。

保険料を抑えるなら、インターネット加入の海外旅行保険がおすすめ

インターネットの保険は、人件費や用紙代、店舗運営などのコストをカットすることができるため、保険料が安くなっていることが多くあります。保険料が安くなっていても、補償内容が削られているわけではありません。

インターネットでコストを抑えながら、安心を手に入れてはいかがでしょうか。

損害保険ジャパンの海外旅行保険「新・海外旅行保険【off!(オフ)】」はインターネットでご契約いただくと店頭販売時よりも、保険料が最大55%(※)割引になります。オーダーメイドプランで自分に合った保険設計も可能です。

(※)
アジア旅行(個人・保険料抑えたいプラン・4日間)において、店頭販売商品(海外旅行総合保険)料率での計算と比較した場合

まとめ

海外旅行保険はその名のとおり、海外で起きうる危険、損害に備えることができる保険です。高額な医療費や、救援者費用、携行品損害、飛行機の遅延で被る損害など、海外旅行中に発生するさまざまな危険、損害をカバーします。生命保険・医療保険やクレジットカード付帯の海外旅行保険もありますが、補償が十分ではない場合もあり、海外旅行保険で補う必要性もあります。
海外旅行保険を選ぶときには、誰が被保険者になるのかを考えると同時に、現地の医療事情などを考慮するといいでしょう。手軽に加入できるパッケージプランのほか、オーダーメイドプランもあり、自分にとって本当に必要な補償を選ぶことも可能です。

SJ21-51097(2021.09.17)

  1. ホーム
  2. ご検討中のお客さま
  3. 旅行・レジャーの保険
  4. 新・海外旅行保険【off!(オフ)】
  5. 海外旅行お役立ち情報
  6. 海外旅行保険に加入するメリットとは?クレジットカード付帯保険との違い

Back to top