個人用傷害所得総合保険『THE カラダの保険』 2021年7月1日以降の保険始期日(補償が始まる日)のご契約が対象です。 補償内容の説明
(まも~るプラン)

ご年齢や条件等により、加入できない場合がありますのであらかじめご了承ください。

保険期間の初日における被保険者ご本人の年齢が、満70歳以上満89歳以下の方向けのプランです。

  • 被保険者ご本人の年齢が満69歳以下の方は、個人用傷害所得総合保険『THE カラダの保険』(ケガの補償)をご覧ください。

シニアライフでのさまざまな危険、その備えはありますか?

動画でわかる!家族の生活サポート費用を補償する傷害入院時サポート特約



おすすめするポイント

まも~るプラン

シニアライフは、「元気に」「活動的に」「自分らしく」
今までできなかったことに挑戦したいと思っている方も多いはずです。その楽しい暮らしの一方で、趣味のスポーツ中に骨折したり、旅行中や外出先で事故にあったり、自転車で転んだりとさまざまな危険が潜んでいます。まも~るプランが、安心なシニアライフの力になります。

  • 国内・国外を問わず日常生活におけるケガを補償します。
    日本国内・国外を問わず、日常生活・スポーツ中・仕事中のケガ等を24時間補償します。
  • 日帰り入院や通院のみでも補償します。
    入院の補償には、日帰り入院も含まれます。また、入院を伴わず、通院のみで治療するケガも補償します。
  • 傷害入院一時金でまとまった出費に対応します。
    実際にケガなどで入院した日数が30日以上となった場合に入院一時金をお支払いします。
  • 日常のケガ以外も補償します。
    身の回り品の破損や盗難についての補償や、他人のモノを壊したり、他人にケガを負わせてしまい損害賠償責任を負った場合の補償を追加することができます。
  • 傷害入院時のサポートをします。
    被保険者ご本人がケガで入院したときに、ご本人およびそのご家族が日常生活における不安を解消できるよう「家事代行サービス」「配食サービス」「退院時贈答品」の利用費用について補償します。

基本補償(ケガの補償)の主な内容

死亡の補償(死亡保険金)

急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされ、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡された場合、死亡保険金(死亡保険金額の全額)をお支払いします。ただし、同一事故によるケガに対して、すでに後遺障害保険金をお支払いしている場合は、その金額を差し引いてお支払いします。

後遺障害の補償(後遺障害保険金)

急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされ、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に後遺障害が生じた場合、その程度に応じて、1回の事故につき後遺障害保険金額の78%~100%をお支払いします。

  • 後遺障害等級限定特約(第1級~第3級)がセットされます。対象となる所定の重度の後遺障害につきましては下表をご確認ください。

上記以外でも後遺障害が2種類以上生じた場合等、お支払いできるときがあります。

入院の補償(入院保険金)

急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされ、入院された場合、事故の発生の日からその日を含めて1,000日以内の入院日数に対し、30日を限度として、1日につき入院保険金日額をお支払いします。

手術の補償(手術保険金)

急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされ、そのケガの治療のために病院または診療所において、事故の発生の日からその日を含めて1,000日以内に以下①または②のいずれかの手術を受けた場合、入院中に受けた手術は1回の手術につき入院保険金日額の10倍、外来で受けた手術は入院保険金日額の5倍の額を、手術保険金としてお支払いします。
①公的医療保険制度における医科診療報酬点数表に、手術料の算定対象として列挙されている手術(※1)
②先進医療に該当する手術(※2)

  1. (※1)以下の手術は対象となりません。
    創傷処理、皮膚切開術、デブリードマン、骨または関節の非観血的または徒手的な整復術・整復固定術および授動術、抜歯術
  2. (※2)先進医療に該当する手術は、治療を直接の目的としてメス等の器具を用いて患部または必要部位に切除、摘出等の処置を施すものにかぎります。

通院の補償(通院保険金)

急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされ、通院された場合、事故の発生の日からその日を含めて1,000日以内の通院日数に対し、30日を限度として、1日につき通院保険金日額をお支払いします。
ただし、入院保険金をお支払いするべき期間中の通院に対しては、通院保険金をお支払いしません。

  1. (注)通院保険金の支払いを受けられる期間中に新たに他のケガをされた場合であっても、重複しては通院保険金をお支払いしません。

主なオプション(特約)補償の内容

携行品の補償

国内外において、偶然な事故により被保険者の居住する住宅外で被保険者が携行している被保険者所有の身の回り品に損害が生じた場合に保険金をお支払いします。
ただし、保険期間を通じ、携行品損害の保険金額を限度とします。

  1. (注1)自己負担額は、1事故につき5,000円となります。
  2. (注2)乗車券等、通貨、小切手、印紙または切手については合計して5万円を損害額の限度とします。

個人賠償責任の補償

国内外において、日常生活で生じた偶然な事故により、他人にケガを負わせたこと、国内で受託した財物を壊したことや線路への立入りで電車等を運行不能にさせてしまったこと等によって、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金をお支払いします。自己負担額はありません。

  • 「示談交渉サービス(国内で発生した事故のみ)」がご利用いただけます。

傷害入院一時金の補償

急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされ、入院保険金をお支払いする場合で、実際に入院した日数が30日以上となったとき、傷害入院一時金の全額をお支払いします。ただし、1事故につき傷害入院一時金保険金額を限度とします。

傷害入院時サポート特約

急激かつ偶然な外来の事故によりケガをして入院した場合に、以下の費用をお支払いする特約です。

傷害入院時サポート特約入院中の家事をプロにお願いできます!
保険金額 15万円(対象となる費用(1)~(3)を合計して、1回の事故につき、15万円を限度とします。)
対象となる費用
  1. (1)家事代行サービス利用費用
    お客さまやご家族の炊事・洗濯・日常掃除などの家事代行サービスの利用費用をお支払いします。
  2. (2)配食サービス利用費用
    お客さまやご家族が配食サービスを利用することによって、負担した費用をお支払いします。
  3. (3)退院時贈答品費用
    退院後のお礼の贈答品費用をお支払いします。
補償期間 入院の原因となった事故日を含めて180日以内(入院中、退院後いずれも可)
利用対象者 被保険者または家族(※)
  1. (※)家族とは、被保険者の配偶者・被保険者の子・被保険者の父母・被保険者の兄弟姉妹のいずれかに該当する方をいいます。
  • 「退院時贈答品費用」は、被保険者が5日間以上の入院をして退院した場合のみお支払いの対象となります。
  • 「家事代行サービス利用費用」「退院時贈答品費用」については、提携業者のサービスをご利用になる場合、その費用を保険会社から提携業者へ直接支払うことが可能ですので、お客さまがキャッシュレスでサービスをご利用いただけます。

【注意点】
サービスのご利用金額が傷害入院時サポート 特約の保険金額を超えた場合、その超過分は、お客さまの負担となります。

付帯サービス

まも~るプランにご加入のご契約者さま・被保険者の方限定の付帯サービス(無料)があります!
付帯サービスの詳細は以下のページをご確認ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくためにAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は左のボタンをクリックしてダウンロードしてください。

事故対応の流れ

事故対応の流れについては、以下のページをご確認ください。

商品・ご加入に関するご相談

加入相談・見積依頼 代理店にご相談

ご加入・見積もりの相談は代理店で承っております。

代理店検索

各種お問い合わせ

お問い合わせ先はこちらのページでご案内します。

お問い合わせ

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパンまでお問い合わせください。