キャッシュフローの向上

キャプティブを活用することで、キャッシュフローを向上させられる可能性があります。

保険料の内部留保

従来、保険会社に支払っていた保険料の一部を自社子会社であるキャプティブに還流させることにより、グループ内に資金を内部留保させることが可能になり、グループ内キャッシュフローの向上が図れる可能性があります。
さらに、損害発生の状況によっては、保険引受利益、運用益を得ることができる可能性があります。

キャプティブにおける責任準備金の積立

企業が自社内で引当金を積み立てた場合、課税対象となることが一般的です。しかしながら、キャプティブで、将来の保険金支払のための責任準備金を積み立てる場合、この積立は非課税となることが一般的です。

新規ご加入や保険料見直しのご相談

お問い合わせ先はこちらのページでご案内します。

お問い合わせ

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパンまでお問い合わせください。