1. ホーム
  2. ご検討中のお客さま
  3. 火災保険・地震保険
  4. 火災保険改定のご案内
  5. 「すまいとくらしのアシスタントダイヤル」のサービス内容変更に関するご案内

個人用火災総合保険 「すまいとくらしのアシスタントダイヤル」のサービス内容変更に関するご案内
~2024年(令和6年)9月30日以前を保険始期日(補償が始まる日)とする契約にご加入のお客さまへ~

個人用火災総合保険等の無料付帯サービス「すまいとくらしのアシスタントダイヤル」について
2024年10月1日以降のご利用から、サービス内容を一部変更します。

対象となるご契約

2024年9月30日以前を保険始期日(補償が始まる日)とする以下の契約

  • 個人用火災総合保険「THE すまいの保険」、「THE 家財の保険」
  • 積立火災保険「THE すまいの積立保険」(個人用プランのみ)
  • 個人用火災総合保険「ほ~むジャパン」、「る~むジャパン」(2014年6月30日まで旧損保ジャパンで発売)
  • 積立火災保険「ゆとほ~むα」(2014年6月30日まで旧損保ジャパンで発売)
  • 「総括契約に関する特約」がセットされた契約は、「すまいとくらしのアシスタントダイヤル」のサービス対象外です。

1.変更内容

(1)「空き家相談サービス」の新設

「すまいとくらしのアシスタントダイヤル」のサービスとして、空き家の「管理、活用、売却」について30分程度の一般的なご相談にお電話でお応えする「空き家相談サービス」を追加します。
サービスの詳細は、本ページ下部の「最新の「すまいとくらしのアシスタントダイヤル」のサービス内容について」からご確認ください。

(2)「健康・医療相談サービス」の利用回数に関する変更

2024年10月1日以降のご利用から、利用回数の上限を設けます。
2024年10月1日から最初に迎える保険始期応当日※までで10回となります。(2024年9月30日以前のご利用回数は含めません。)
以降は1年ごとに10回までのご利用とします。

  • 保険始期応当日とは、毎年の保険始期日(補償が始まる日)と同じ年月の日を言います。

なお、2024年10月1日以降を保険始期日(補償が始まる日)とする契約は、保険始期日(補償が始まる日)から1年ごとに10回までご利用いただけます。

◆例1:保険期間が1年以下の契約の場合
保険始期日(補償が始まる日):2024年4月1日
保険期間:1年

◆例2:保険期間が1年超の契約の場合
保険始期日(補償が始まる日):2024年4月1日
保険期間:5年

2.適用開始時期

2024年10月1日以降のご利用から、変更を適用します。

3.変更の背景

(1)「空き家相談サービス」の新設

損保ジャパンが独自に実施したアンケートによると、空き家所有者のうち80%以上の方が、空き家の管理や活用、売却等に関する悩みや不安を抱いていると回答しています。
また、火災保険の付帯サービスとして空き家の管理・活用・売却の無料相談サービスがあれば利用したいという方は75%にも及びました。
上記アンケートの結果も踏まえ、現在社会課題となっている空き家問題に対して、お客さまに安心のサービスをご提供することを目的として新設しました。

(2)「健康・医療相談サービス」の利用回数変更

今後も無料付帯サービス「すまいとくらしのアシスタントダイヤル」を安定的に提供するために、利用回数の運用を変更します。

最新の「すまいとくらしのアシスタントダイヤル」のサービス内容について

以下から最新のサービス内容をご確認いただけます。

詳しい内容は、取扱代理店または損保ジャパンまでお問い合わせください。

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパンまでお問い合わせください。

ページトップへ