建設工事保険

建物の建築工事中に工事現場で発生した工事対象物(工事の目的物など)の損害を補償

保険の特長

  • 建物の建築工事中に、工事現場において、不測かつ突発的な事故によって工事対象物(工事の目的物など)について生じた損害を補償する保険です。

  • 損害発生直前の状態に戻すための復旧費を損害保険金としてお支払いします。また、残存物取片づけ費用保険金、臨時費用保険金もお支払いの対象となります。

【事故例】

  • 溶接の火花が原因で、建築中の建物が火災になり、全焼した。
  • 鉄骨を組立中に、強風により鉄骨が折れ、崩壊した。

主な補償内容

工事現場における不測かつ突発的な事故による損害に対して保険金をお支払いします。主に、以下のような事故がお支払いの対象となります。

保険料例

  • 下記の「お問い合わせ」入力フォームにてお問い合わせをされる場合は、お問い合わせ内容欄に、「建設工事保険」に関するお問い合わせである旨ご記入ください。

新規ご加入や保険料見直しのご相談

お問い合わせ先はこちらのページでご案内します。

お問い合わせ

SJNK13-60432(2014.9.1)

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパンまでお問い合わせください。