環境教育事業

環境インターンシップ「CSOラーニング制度」

CSOラーニング制度は、大学生や大学院生を環境分野のCSO(Civil Society Organization=市民社会組織、NPO・NGOとほぼ同義)に派遣するインターンシップ制度です。8か月間と期間が長く、有償(活動1時間あたり800円を奨学金として支給)である点が特徴です。次世代を担う若者がCSOの一員として働き、同じ志を持った仲間とともに環境問題をはじめとした社会課題について考えることで、社会を良い方向に変えていける人材(「木を植える人」)を育成することを目指しています。
本制度は2000年に開始し、20年以上継続している歴史ある制度です。関東・関西・愛知・宮城の4地区で、これまでに60以上の団体にインターン生を受け入れていただき、2020年度末時点で累計1,167名が修了しています。インターンシップ生は、CSOでのインターン活動を通じて、環境問題の最前線で貴重な経験を積み、月次で開催される地区ごとの定例会や合宿研修では同期や講師の多様な意見に触れることで、見違えるように成長していきます。また、制度の修了生には省庁や自治体、企業やNPOで環境分野の業務に携わる方も多く、交流イベントなど折に触れて現役生へのアドバイスを行ってくれています。こうした脈々と続く関係者のネットワークも、この制度の大きな魅力の一つです。
なお、インターン生に支払われる奨学金の一部は、SOMPOグループ社員の有志からの寄付金である「SOMPOちきゅう倶楽部社会貢献ファンド」から拠出されています。制度の運営を通じ、SOMPOグループとCSO、また次世代を担うユース世代を繋ぐ役割も担っています。

*2020、2021年度は新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、オンラインでの活動を中心に実施しています。

【全国合宿】

【CSOでの活動の様子】

市民のための環境公開講座

市民のための環境公開講座は1993年に開講され、より多くの市民の皆様が環境問題への理解と認識を深め、それぞれの立場で問題の解決に向けて行動できることを目指した環境セミナーです。損保ジャパン、(公社)日本環境教育フォーラムとの協働事業として年間約10回の講座を毎年開催しています。
NGOと企業によるパートナーシップの先駆けとして実施され、各々の特徴を活かした講座には企業人・NGO・自治体職員・学生・主婦など幅広い皆さまに参加いただいています。2021年度までの累計受講者数は約29,300名、取り上げたテーマは「気候変動」「自然保護」「生物多様性」「廃棄物問題」「環境教育」など多岐にわたり、累計で436回開催しています。また座学だけではなく、野外講座として実践的な自然体験プログラムも実施しています。

*2020、2021年度は新型コロナウィルスの感染拡大防止のためオンラインで実施しています。

【市民のための環境公開講座】

【野外での特別講座】

NGO Learning Internship Program in Indonesia

2019年2月より、インドネシア版CSOラーニング制度として「NGO Learning Internship Program in Indonesia」がスタートしました。日本のCSOラーニングと同様、ジャカルタ、ボゴール近郊の学生を環境系NGOに8か月間派遣し、次世代を担う若者の育成に取り組んでいます。2021年度までに三期58名の学生が制度を修了し、現地の社会課題を解決するリーダーとして活躍することが期待されています。活動期間中は日本国内のCSOラーニング生ともオンラインで交流し、両国の環境問題について相互に理解を深めています。

【キックオフセレモニー】

【ワークキャンプ】